大変な時は業者へ依頼|カンタンに育てられる苗木|家庭菜園で自給自足の生活をエンジョイ
婦人

カンタンに育てられる苗木|家庭菜園で自給自足の生活をエンジョイ

大変な時は業者へ依頼

芝生

お庭や畑を持っている方の悩みの種といったら、芝生の手入れだと思います。ガーデニングが好きでも、芝生の手入れが苦手な方が多いようです。ですが、芝生の手入れを怠ってしまうと、草丈が20㎝くらいまで成長し、芝生が常に蒸れた状態になって、病害虫を呼び寄せる原因になってしまいます。また、夏場は芝生が急成長しますが、手入れをしようとすると、炎天下での作業になるため、かなりの重労働です。そんな時、オススメしたいのが、芝刈り業者です。業者に依頼すると、機械を使って作業をしてくれるので、手で作業するよりも、短い時間でとても綺麗に芝生の手入れをしてくれます。さらに、芝生の面に穴をあけ、通気を水の通り道を作るエアレーションという作業をやっている業者もあります。芝生は、一度貼ってしまうと、耕してメンテナンスをすることが出来ません。芝面に空気を送る為の穴を空けることで、通気性や水がよく入り、綺麗な芝生を保つことが出来るのです。最低でも、年に1回は、エアレーションを行なった方が良いでしょう。では、芝刈り業者へ依頼をする流れを確認します。まずは、電話相談です。都合が良い日時を確認し、手入れをする庭の広さを伝え、仮見積もりをしてもらいます。次に、現地調査です。業者の目で確認をして、最終見積もりを出します。それに納得できたら、契約をして芝刈り作業の開始です。作業が終わったら、代金を支払い完了となります。作業後の手入れの相談にのってくれるので、安心です。